本文へスキップ

一般社団法人 日本介護予防ダンス協会は、『元気ダンス』の推進と、その指導者を育成することを目的とした団体です。

お問い合わせはTEL.059-377-4115

〒510-8103 三重県三重郡朝日町柿1423-1

お知らせ資格取得への道 ー 手順・費用について ー

5級(愛好者・体験者)を取得するには…
 元気ダンスを体験された方なら登録料のみでいつでもどなたでも取得できます。


4級アシスタントアドバイザーを取得するには…
 元気ダンスを体験された方で、1時限の学科講習を受講すれば取得できます。
 体験されたことのない方は、加えて1時限の実技講習を受講下さい。
 5級を取得していなくても取得できます。


ゼネラルアドバイザー(3〜1級)を取得するには…
 5・4級を取得する必要はありません。
 受講・受験については、当協会が認めた場合を除き3級よりスタートします。
 (短期間に上級を目指す方のために、まとめて2つの級を受験する『ダブル受験』という方法もあります)
 ・申込手続き・受験料・事務手数料・教材費 →協会へ
 ・講習料(受講料) →講習を受けるプロフェッショナルアドバイザーへ
  *最初にプロアドバイザーへ支払う講習料(受講料)は、最低時限数の金額です。
 (もし、実技などが受験するに満たない場合は、別料金で追加講習を受講することも出来ます。*料金については担当プロアドバイザーと要相談)


プロフェッショナルアドバイザーを取得するには…
 協会主催の1日講習を受講後、試験を合格した後に取得できます。
 1級取得者で当協会が定めた基準を満たしている方のみ受講できます。
 ・受講料・受験料などは協会へ納入します。



登録料 昇級
登録料
年会費 受験料
教材など
講習料
5級 愛好者
・体験者
¥2000- × × × ×
4級 アシスタント
アドバイザー
¥3000- × ¥2400- × 1時限
¥2000-
3級 ゼネラル
アドバイザー
¥10000- × ¥2400- ¥17400- ¥26000-
2級 ゼネラル
アドバイザー
× ¥2000- ¥3600- ¥12000- ¥24000-
1級 ゼネラル
アドバイザー
× ¥2000- ¥6000- ¥12000- ¥24000-
プロフェッショナル
アドバイザー
¥50000- × ¥18000- ¥22640- ¥30000-

* 受験料・教材費

資格取得を前提で受講・受験して頂きますので、申込時に協会へ納入頂きます。
 
受験料 事務手数料 教材費
(税込)
 5級 愛好者
・体験者
 × ×  ×
4級 アシスタント
アドバイザー
× × ×
3級 ゼネラル
アドバイザー
¥10000- ¥2000- ¥5400-
2級 ゼネラル
アドバイザー
¥10000- ¥2000- -
1級 ゼネラル
アドバイザー
¥10000- ¥2000- -
プロフェッショナル
アドバイザー
¥12000- ¥2000- ¥8640-

* 講習料 内訳

5級 愛好者・体験者
 基本的に無料。
 (協会主催・または公認の講習会)

4級 アシスタントアドバイザー
 1限・¥2000-
 (3級ゼネラルアドバイザー用の講習を受講)
   5級取得者・元気ダンス体験者 ⇒ 学科講習1
   元気ダンス未体験者 ⇒ 実技講習1+学科講習1

3級 ゼネラルアドバイザー
 13時限・¥26000-(最低時限数)
 (プロフェッショナルアドバイザーの元で受講)
   学科講習5+実技講習8

2級 ゼネラルアドバイザー
 8時限・¥24000-(最低時限数)
 (プロフェッショナルアドバイザーの元で受講)
   学科講習2+実技講習6

1級 ゼネラルアドバイザー
 8時限・¥24000-(最低時限数)
 (プロフェッショナルアドバイザーの元で受講)
   学科講習2+実技講習6
                          *1時限・40分

プロフェッショナルアドバイザー
 ¥30000-
 (協会主催の1日講習を受講)

『元気ダンス』アドバイザー資格保有者は必ず『会員証兼名札』を掲示して活動しております



コンセプト資格取得への道 ー 取得者より体験談 ー

 質問事項 @ダンス経験 A職業 B何級(受講中or取得)C目標
      D興味を持ったきっかけ E難しかったところ F目からウロコだったところ
      G今後の活かし方 H感想

K.T.さん 30代・男性

@ ゼロ
A コンサルティング業務
B 3級取得中
C 元気ダンスを地元で広めること。そのためにも正確な指導ができるよう集中して1日でも早く資格を取得したいです。
D ダンスで高齢者とつながりを持てることが魅力的だった。
E ステップの踏み方、説明しながらダンスをすること、指導者は左右反対の方向からもできなければいけない…など、元気ダンスを側から見ていた時は、とても簡単に見え、ダンス未経験の私でもすぐに覚えられると自信がありましたが、まさかまさかこんなに難しいとは(笑)見るのとやるのでのギャップに驚きました。数え上げたらキリが無いです(笑)
F ダンスは立って踊るものだと思っていましたが、イスに座りながら楽しくできる座位バージョンの元気ダンスもあり驚きました。膝の悪い方や足腰の弱い方でも安心して楽しめますよ。
G まずは3級を取得し公民館などの公共施設や地域サロンの場を借りて、元気ダンスを高齢者の方々と楽しみながら広めていきたいです。
H 色々な音楽に合わせて元気ダンスをするので、飽きずに続けられています。自分の好きな音楽が流れたときはテンションが上がります。きっと高齢者の方も昔懐かしい音楽が流れると笑顔で元気ダンスを踊る姿が想像できます。まずは3級。そして2級…。


M.S.さん 30代・女性

@ なし
A 主婦
B 3級受講中
C デイサービスで指導ができるようになりたい
D 子育てがひと段落したときに、パートタイムで働けそうな資格であったから
E 手と足を同時に動かすところ
F 子供の好きな曲からお年寄りの好きな曲まで、幅広い音楽でダンスが出来るなんて思ってもいなかったし、ダンスをしているのに、つい口ずさんでしまう所も楽しさの一つですね!何気ない動作ですが、足と手を同時に動かす難しさ、それをリズムにあわせるというのは、とても難しい事なんだなと実感しました。
G デイサービスで元気ダンス指導をしたいです
H 高齢者向けのダンスだと思っていたのに、やってみたらすごく楽しかったです。いろんな曲をかけてダンスするのがすごく楽しいし、汗もかくので自分のダイエットにもつながって一石二鳥!!になって嬉しいです。


N.A.さん 30代・女性

@ あり
A 社交ダンス講師
B プロフェッショナル受講中
C プロフェッショナルアドバイザー資格取得
D 高齢者や介護の必要な方達にもダンスの楽しさを伝えたいと思っていた時、「元気ダンス」のお話を聞いて興味を持ちました。
E 当たり前かもしれませんが、受講される方の覚えるスピードや動くペースをその人達の身になって考えながら教えることは難しい気がします。
F 何年もダンスに関わってきましたが、こんなダンスもアリなんだぁー、こんなシンプルな動きや音楽(ダンス)でも人を豊かにしたり元気にしたり出来るんだぁーって思いました。
G まずは、自分がもっと理解し学び、それを沢山の人に知ってもらいたい。
H この経験を通して、沢山の人との出会いや貴重な経験をすることが出来ました!これからも「元気ダンス」を通して沢山の出会いがありますように!自分も楽しみながら頑張りたいと思います♪


H.Y.さん 30代・男性

@ 約10年
A ダンスインストラクター
B プロフェッショナル取得
C 元気ダンスで現在の日本の危機的な状態を解消したい。
D 自分の技能を介護に生かせないかと考えたこと
E みんなに聞こえるようにはっきりとしゃべりながら踊ること
F 急に腕を上げることが危険を伴うということ
G ゼネラルアドバイザーの指導育成だけでなく、老人ホームやデイサービスにて元気ダンスを行い、みんなを元気にしていきたい。
H 教えている方も楽しんでできるので、もっと元気ダンスをやりたいです。


M.A.さん 20代・女性

@ 約8年
A ダンスインストラクター
B プロフェッショナル取得
C 地域の高齢者の皆さまに、ダンスを通じて元気に・若々しくなってほしいというのが目標です。
D ダンス=「若者向け」「難しい」、といったイメージがあるのではないでしょうか。小さいお子様からお年寄りまで、誰もが気軽にできるようなダンスがないかと日頃から思っていました。そこで出会ったのがこの『元気ダンス』です。
E 高齢者向けの教え方に慣れていなかったので、最初は苦戦しました。また、介護の知識が全く無かったので必死に勉強しました。
F 速い動きや、複雑な動き…高齢者には難しいかな?と思う動作でも、音楽に合わせて動いていると自然とできちゃうんです!(もちろん、できるようになるまでの個人差もあります)
G プロフェッショナルの仲間を増やすこと!
H ダンスの知識、介護の知識を、新しい側面から学ぶことができました。実際に元気ダンスを教えに行くと、参加者の皆様が「楽しかった」「また来てね」など言って下さるのがとても嬉しく励みになります。これから受講される皆様にも、是非楽しみながら受講・指導をしてほしいと思っています。


M.K.さん 30代・男性

@ ナシ
A 接骨院経営
B 3級受講中
C 介護予防や運動指導に元気ダンスを取り入れたい
D 高齢者の運動指導をするにあたって、なにか良いものは無いかと探していたら患者さんから朝日町のさわやか村で、社交ダンスの先生がダンスを使った介護予防をやっていると聞き見学にいったのがきっかけです。参加されている方が、とても楽しそうにダンスをされているのが印象的でした。
E 教える方になった場合に参加者さんと対面する立ち位置になるため「つぎは右側に動きますよー!」と言いながらも自分は左側に動く、ような鏡写しの動きをする事は、日常生活には無い事なのでかなり難しかった。
F 一般的な高齢者向けの体操は、あるひとつの曲に合わせて振り付けがされているため、毎回、同じ曲、同じ振り付けで飽きてしまいがちだが、元気ダンスの場合は、どんな曲にも合わせられるしリズムのバリエーションが多いので、飽きることなくできる。また、日々新しい曲目、新しいリズムを使う事で脳の活性化がされるので 高齢者の認知症予防にもなりそう。
G 元気ダンスの講習を受けてみて解ったのは、本気でダンスをすると仙腸関節、股関節、骨盤内筋を相当使うので、高齢者向けの介護予防だけでなく、ダイエット運動にも効果が高い事、成人向けのエクササイズにも取り入れていきたい。
H 


H.J.さん 20代・男性

@ 8年位
A 社交ダンスインストラクター
B プロフェッショナルアドバイザー取得
C 元気ダンスを大勢の人に知ってもらう!
D デイケアなど多くの施設では、レクリエーションの時間のネタがなくて困っていると知ったこと
E 実際に施設で活動をしたときに、参加者と心の距離を縮めること
F 後退は危険な動作
G PA の資格はアドバイザーを育てることもできるので、地域で健康教室などをしながら、興味のある人をまきこんでいく
H 体操とダンスの違いをいろんな人に体感してほしいです!



I.M.さん 30代・女性

@ 10年位
A ダンスインストラクター
B プロフェッショナル取得
C たくさんの高齢者の方に、元気で楽しい日々を過ごしてもらいたい
D 介護福祉の資格等なくても、福祉に携われるところ
E 動きながら声かけをするところ
F 今、何気なく行う動作が、高齢になると転倒のリスクになり得るということ
G 地域の施設に赴き、たくさんのお爺さん&お婆さんに元気に過ごしてもらいたい。
H 日常生活の中にある動作がダンスに組み込まれているので、勉強しているうちに私まで元気になってくるような気がしました。



元気くん

INFO

一般社団法人
 日本介護予防ダンス協会

〒510-8103
三重県三重郡朝日町柿1423-1
TEL&FAX.059-377-4115

→アクセス


法人情報